店舗情報

2007年02月19日

店内改装します

今日から3日間ほど、簡単な店内改装をします。

1階客席の席数増加のために座敷スペースを新設します。

工事中はご迷惑をおかけしますがご協力をお願いします。

2月25日まで鍋フェアー実施中。ご利用ください。
kurasawaya at 23:33|この記事のURLComments(17)TrackBack(0)

2007年01月22日

冬の桜えびフェアー

鍋フェアー
1月23日(火)〜2月25日(日)
沖上がり鍋会席 3150円


今年も恒例の鍋フェアーを開催します。
今年は桜えびを使った漁師料理“沖上がり”を中心に、季節の磯料理をお手ごろな価格でご用意しました。
沖上がりは、桜えび漁の漁師が夜の漁で冷えた体をあたためるために沖から上がって食べたのでこの名前がついた地元の料理です。
桜えびに豆腐、ネギを入れてすき焼きの割り下のような甘辛いたれで煮込んだ鍋です。
寒い季節にぴったりの温かい料理です。ぜひお試しください。




kurasawaya at 16:52|この記事のURLComments(23)TrackBack(0)

2007年01月14日

しらす漁終了

平成18年度のしらす漁が1月13日で終了した。

静岡県のしらす漁は3月中旬から翌年の1月15日までと決まっている。
今年度は最盛期の5月から7月にかけて不漁だったが、通常漁が少なくなる秋以降に豊漁になった。
由比の場合は11月12月は桜えびの秋漁があるため、そちらが優先になり、シラスは思うように漁ができない。
年明けの1週間も漁を行なったが、ほとんど漁らしいものはなかった。

新しい漁は3月中旬から始まる。それまでは残念ながら生しらすは食べられない。どうぞ3月の新しい物をお楽しみに。

kurasawaya at 22:29|この記事のURLComments(27)TrackBack(0)

2006年12月30日

年始の営業について

12月31日   昼の部のみの営業(11時から14時30分)
 1月 1日   休業
    2日より 通常営業
   (3日の夜の部は貸切のため通常営業ができません)

お待ちしています。
桜えびの秋漁についてはまた今度お知らせします。
皆様、今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎え下さい。
kurasawaya at 22:33|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年09月26日

秋の味覚フェアー始めました

くらさわや06秋
本日より10月29日(日)まで秋の味覚フェアーを実施します。

今回は秋の味覚と桜えびの組み合わせで特別メニューを作ってみました。
たとえば、きのこと桜えびのホイル焼き、れんこんと桜えびのまんじゅう、まつたけと桜えびの釜めしなどです。ぜひ、ご利用ください。

秋のミニ会席 3150円


kurasawaya at 23:55|この記事のURLComments(20)TrackBack(0)

2006年09月22日

京都旅行

京都
9月19,20日に由比町飲食組合の旅行で京都に行って来た。
京都は15年ぶりで、昔来たはずだが思い出せないと言う所が結構あった。
今回は定期観光バスの夏の特別コースに参加して、ふだんあまり見ることのできない所を見てきた。写真は伏見稲荷大社の横にある大橋家の庭園で、現存する日本最古の水琴窪である。このほか円山公園にある料亭、左阿彌で昼食をとったりと貴重な体験をした。
それにしても京都はどこも人であふれていた。紅葉にはまだ早いのでピークではないが、人が多かった。どうして京都は人を集められるのだろうか?自分なりに考えてみた。
京都は街全体が大きなテーマパークだったのだ。訪れる人のほとんどがリピーターであり、まさに東京ディズニーランドと同じ現象がはるか昔から続いてきたのである。ディズニーが日常性を排除し、夢と冒険を追及しているのに対し、京都は全てが日常の中にあり、人々がそこに生活している所が最大の違いだと思う。
我々飲食、接客業に携わる者にとってとても勉強になったところだった。

kurasawaya at 23:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年08月30日

虫の声

日中はまだまだ暑いが、朝晩はだいぶ涼しくなってきた。
先週ぐらいまで、うるさいように鳴いていたせみも静かになり、気がつくと秋の虫たちの声がすごく大きくなってきた。
夕方もついこの間までは7時まで明るかったが、今は6時30分にはもう暗くなっている。
確実に秋に向っているんだなと思う瞬間である。

店の前の山からいろいろな声が聞こえてくる。
リーリーリー、チンチロリン、リーンリーン、スイッチョン、ガチャガヤ、ジージー
夜ご来店されたら、帰りがけに聞いてみてください。何種類の声が聞こえますか?




kurasawaya at 23:17|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年08月09日

台風接近

台風7号が東海地方に接近中である。
昨日まで真夏の太陽がギラギラと輝いていたのに、今朝5時ごろ
突然の強風と大雨に目が覚めた。

今日は海上は大しけのため定置網は休業。しかし、昨日は太刀魚が大漁だった。

太刀魚は寒中に獲れるものがおいしいとされているが、旬は夏で、この時期も脂がのって
焼き魚にするととてもおいしい。

話は台風7号に戻るが、今朝の発表では今夜紀伊半島に上陸かといわれていたが、現在、海上を北東に進んでおり、この調子だと静岡県を通り過ぎて神奈川か東京に上陸しそうな感じである。

毎日暑い日が続いてつらかったが、やはり夏は暑い太陽が必要である。早く台風が去ってくれることを祈る。
kurasawaya at 00:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月27日

濃霧注意報

霧の港

最近の朝方、霧が出る。
この辺は海岸で、海から霧が出ることがありそうだが、それよりも風が強く、霧を払ってしまうので、霧で視界がなくなるというような事は今まであまりなかった。
今年は、霧がよく出る。朝に限ってだが、視界がなくなるような濃い霧である。今朝も港は霧で覆われた。今朝はしらす漁が行なわれたが、霧のための視界不良のため、漁が中止になることがけっこう多い。
梅雨明けが非常に遅れているのが関係しているのか?
それでもここ2日程は日中に日差しが戻っており、西日本で梅雨明けしたこともあり、明日にも梅雨明けしそうな空模様である。
早く、夏らしい青空を見たいものである。でも、暑いのもつらいかな。
kurasawaya at 02:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月10日

週刊ポストにでました

ぽスト

本日発売の週刊ポスト(小学館、7月21日号)の巻頭特集ページ「獲れたて旬鮮漁港めし」の中で、くらさわやが紹介されました。
当店の「桜えびづくし」が写真入りで載っています。
いつも「ポスト」を買う人は見て下さい。いつも「現代」を買う人は、今週はポストにして下さい。
見た人はぜひ、お越し下さい。お待ちしています。
kurasawaya at 21:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月01日

夏フェアー始まる

夏のミニ会席06

本日より恒例の夏フェアーが始まりました。

今年は暑い夏にさっぱりとした夏の魚料理をテーマに写真のようなミニ会席を作りました。

コンソメのジュレを散らした桜えびサラダ、みょうが、大葉、ねぎ、しょうがといった夏の薬味をたっぷりかけて、特製しょうゆで食べてもらう鯵のたたき、脂ののった地の太刀魚をさっぱりと塩焼きで、定番のかき揚げ、さらに獲れたての鯛を釜めしにしました。

金額は3,150円。8月10日までやっています。ぜひご利用下さい。
kurasawaya at 23:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月23日

しらす漁解禁

3月22日よりしらす漁が解禁になった。

しらすは1月20日ごろから約2ヶ月間禁漁となる。これから来年1月まで10ヶ月間続く。

しらすはいわしの稚魚の総称で、いわしの種類によって形、色、大きさ、味が微妙に違う。最盛期は夏になるが、それぞれの季節でいろいろな特徴があるので違いを確かめるのも良いかもしれない。

しらす漁は日曜日には行われないので、残念ながら日曜日に、生しらすは食べられない。

くらさわやではしらす漁が行われた日には生しらすを用意しているので獲れたてしか食べられない新鮮な味を食べてみて下さい。また、メニューにはないが、生しらす丼もできます。白いごはんの上にどっさりと生しらすをのせて豪快にかきこむどんぶりは絶品の裏メニューです。生しらす丼できますか?と聞いて下さい。

桜えびと並ぶ、由比の特産品です。しらすもぜひ食べてみて下さい。


kurasawaya at 23:13|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年03月22日

桜が咲きました

桜開花
お店の前に桜の木が6本ある。昨日今日の暖かさで、だいぶ咲きだした。

静岡地方気象台の桜開花の発表は先週の17日で全国で2番目に早い開花だった。開花は一本の木に6つ以上の花が確認されたときに認められるそうだ。

17日はうちの桜も咲き始めていたが、残念ながら6つまでなかった。

店の前の桜は山桜の一種で、花が白く、葉が早く出る。店の近くの高台にも数本の桜があり、こちらはソメイヨシノのなかまで、きれいな花を咲かせる。

ここは海側にあるので桜越しに富士山を見ることができ、桜が咲いて晴れた日には写真を撮る人が多く訪れる。このもようは撮影して後日ブログに載せます。

桜えび漁解禁まであと1週間。いよいよ春本番である。

 


kurasawaya at 00:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月14日

由比の風

今日は風が強く、気温が低く、2月中旬の気候だった。

この強い風を地元では“ならい”の風と呼ぶ。ならいの風は北東からふく季節風で、冷たい空気を運んでくる。いわゆる北風である。ただ、北からふいただけではならいではない。寒気をともなっていなければならない。

この風が海上でふくと海は大しけになり、船を出すこともできなくなる。

一方、この反対からふく風を地元では“ながし”の風と呼ぶ。ながしの風は南からふく風で、湿って温かい空気を運んでくる。これもただ南からふくだけではだめで暑くなるような風をながしと呼ぶ。

この風がふく時も海上は大しけになる。しかし、ならいに比べながしの時は南からの魚が入ることがあり、翌日は大漁になることが多い。

12日の日曜日は“ながし”がふいて、一日中曇りで時折小雨が降ったが、気温は高く18度くらいだった。一転、昨日今日は“ならい”がふいて晴れて、寒く、気温は10度くらいになった。この時期、三寒四温でこのようなことがあるが1日で変わるのも珍しい。

日曜日のながしの影響か、昨日今日は定置網で鰯が大漁になっている。やはり昔から言われているとおりである。自然を相手の仕事だが、風に名前を付けて漁のやり方を考えた先人の知恵には感服してしまう。

寒い日が続いたが、明日からは温かくなるようなのでいよいよ春本番かと期待している。

 

 


kurasawaya at 22:37|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年03月07日

伊予かん

伊予かん
当店のお食事の最後にフルーツをお出ししているが、この時期は写真の伊予かんを出している。

できるだけ地元で採れたものを使うようにしているが、この伊予かんも倉沢の山で採れたものである。

静岡は、和歌山、愛媛と並んで、みかんの生産量の多い県である。昭和30年代は由比のみかんが甘いことで有名となり、各地から引合いが多くなり、町内にはみかん御殿と呼ばれる農家が多くあった。

私の子供の頃は、冬になると長野や新潟から出稼ぎ労働者がやってきて、どこのうちにも住み込みで仕事をする人がいた。地元ではこの人たちを移動班と呼んで、毎年同じ人がやってきて顔なじみになり、地域の一員となっていた。

当時みかんと言えば温州みかんで、由比の青島品種は12月に切って、貯蔵しておくことで甘みを出した。これが大もうけの元だったが、アメリカ産のグレープフルーツやオレンジの輸入解禁、長崎や宮崎と言った九州みかんの台頭によって静岡みかんが特別でなくなり衰退していった。

その後由比の農家も品種を増やし、伊予かん、ポンカン、甘夏、などを作っていった。また、品種開発も進み、清見、はるみ、デコポンなどができ、作られている。

当店では昨年末から早稲みかん、青島、ポンカンをフルーツとしてお出ししてきた。そして今は伊予かんを出している。こんな裏話を思いながら食べていただければおいしくなるかな?

ちなみに今週の13日、日曜日、由比川の河川敷でデコポンまつりが行われます。格安での販売もあるようなのでのぞいてみてください。例年、午前中には完売してしまうのでお急ぎを。

 

 


kurasawaya at 22:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月01日

桜えび鍋フェアー終了

2月28日をもって今年の冬の桜えび鍋フェアーが終了しました。

おかげさまで多くの方に食べていただき、おいしいと言っていただきました。

今回の鍋は沖上がりと言って、桜えびの漁師が漁で冷えた体を温めるために作られたものです。沖から上がって食べるので沖上がりと言われ、獲ってきたばかりの桜えびに、家庭にある野菜などを入れて鍋にしたものです。何を入れてもいいのですが、豆腐と青ねぎは必ず入っています。それをしょうゆと砂糖をたっぷり入れたつゆで煮込みます。

沖上がりの作り方は、美味しんぼの単行本92巻の桜えび大作戦に掲載されています。見て下さい。

今年は寒い冬と言われましたが、静岡は2月17日に23度も気温があって、さすがに鍋を食べるには暑くなってしまいました。また来年寒い季節にやりますのでどうぞお楽しみに。


kurasawaya at 22:51|この記事のURLComments(38)TrackBack(0)

2006年02月15日

笠雲(かさぐも)

笠雲
富士山に巨大な笠雲がかかった。

天気が下り坂の証拠である。それにしてもこの笠雲はとても大きく高い所までのびていた。

ここ2日うちの周りはとても暖かく、春を通りこして初夏の陽気である。とても2月中旬の気候ではない。全くこの冬はいろいろなことがある。でもこの暖かさも明日雨が降るとなくなり、平年並みの気温に戻るそうだ。

この時期は寒くて大変だけど、この寒さがなければいろいろな影響がでる。やはり寒いときは寒く、暑いときは暑くなければならない。

うちの窓から見える富士山もいろいろと姿を変える。雲の様子も季節や天気でいろいろ変わる。笠雲はなかなか見られないけれど、天気を教えてくれる面白い雲である。

また、めずらしい雲が見られたら報告します。


kurasawaya at 21:20|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2006年01月29日

赤富士

赤富士
富士山が夕焼けに赤く染まることを赤富士と言う。

うちからはこの時期毎日赤富士が見られる。

日没後、暗くなる前のわずかな時間、時間にして約15分富士山の雪の白い部分が赤く染まる。

この冬は各地で記録的な寒さと、積雪があったが、静岡県は昨年12月の降水量が記録的に少なく、お正月に富士山に雪がないという珍しい状態だった。

今年になって3度ほど雪が降り、特に先週土曜日関東地方に大雪が降った時にかなり積もったようだ。それでもここ数日の温かさで、頂上に近い部分が黒くなっているのがうちからでもよく見える。

富士山に雪が少ないとふもとの三島、沼津、富士に来春、水が少なくなり、駿河湾に注ぎ込む水も少なくなる。それは海の魚や、桜えびの成長に影響が出ることを表している。

雪が少なければ赤富士もきれいに見ることができないので、やはりあるべき時にあるということはとても大切なことだと思う。

今日もきれいな赤富士が見えたので明日もいい天気だろうな。

 


kurasawaya at 23:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

桜えびとロハス

今週末の1月15日日曜日の朝9:54から名古屋のCBC中部日本放送の『ニュースな日曜日』という番組でロハスについての特集があるそうです。その中で桜えびが取り上げられ、昨年末に当店に取材にきました。

ロハスとはLifestyles of Health and Sustainability(健康と持続可能な社会生活を重視するライフスタイル)という造語で、つまり自分の健康と地球の環境を常に意識しながら生活するということだそうだ。

昨年この言葉がいろいろなところで取り上げられて少しづつ知られてきたようだが、まだ多くの人が知っているというものでもなく、実践する人はさらに少なくなってしまう。

私も昨年テレビでこの言葉を知り、考え方は理解したつもりだが実践となるとなかなかむずかしい。でも私のように田舎にいるものにとっては、場合によっては普通に行われていることもある。

たとえばうちの周りは畑があり、となりのおばさんが大根や、白菜を分けてくれる。目の前の海では定置網で新鮮な魚がいつも手に入る。うちの母親は自ら『もったいないおばさん』と言い、大根の葉っぱはもったいないと言って刻んで炒め物にするし、皮ももったいないと言ってきんぴらにする。魚の骨ももったいないと言って肥料にして空き地に埋けて、ネギをつくっている。

とはいえ全体をみれば、みんなと同じ生活をしている以上、環境にやさしくない生活なんだろう。地球規模で考えていく大きなテーマだと思う。

さて、そこで桜えびがロハスなのか。CBCテレビがどんなことを意図しているのかよく理解できずに撮影に協力したが、限られた資源(桜えび)を守りながら、生活の糧にしていると言う意味ではロハスなんだろうか。どのような番組になるのか楽しみである。

残念ながら、私の住む静岡県中部では見ることができない。西部では見られるそうだ。それと愛知県、岐阜県、三重県に住む方はぜひ番組を見て感想をコメントしてください。

うちのロハス度は半分ぐらいかな?

 


kurasawaya at 23:11|この記事のURLComments(53)TrackBack(1)

2005年12月30日

年末年始の営業について

年末年始の営業は以下のようになります。

 12月31日 11:00〜15:00(昼のみ)  

 1月 1日 休業   

     2日 11:00〜15:00(昼のみ) 

     3日 11:00〜15:00(昼のみ)      

     4日 通常営業

今年もご愛顧ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


kurasawaya at 23:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年12月19日

この冬1番の・・・

最近よく、この冬一番の寒さ、真冬並みの寒さという言葉を聞く。

この1週間寒い日が続き、“真冬並み”の寒波がおしよせていて、毎日、“この冬1番”の寒さを記録している。

日本海側はもちろん、名古屋、広島、高知などでも12月としては記録的な大雪にみまわれている。

わが静岡県由比町は、温暖な静岡の中でもさらに暖かい場所として有名であるが、ここのところの寒さは尋常ではない。

先日も書いたが西の風が非常に強くなり、体感温度を非常に低くする。日が出て、風さえなければ暖かい日が続くのだが、ここの所毎日冷たい強風がふいている。

海上はさらに風が強く、波も高くなる。桜えび漁はここ2週間で1日出ただけである。それも、出漁はしたが海上の条件が悪く、水揚げがほとんどなかった。11月は量もあって値段も安く推移していたが、ここに来てまた高値になってきた。

今日は定置網の漁も強風と高波のため中止になった。

なんとか寒さがおさまって、漁が続けられるように祈る今日この頃である。

 


kurasawaya at 21:59|この記事のURLComments(15)TrackBack(0)

2005年12月05日

はなまるマーケットに出演します4

12月9日(金)午前8:30から TBSテレビ系 はなまるマーケットに出演します。
先日撮影がありました。

テーマは素干し桜えびをおいしく食べる方法。地元に伝わる桜えびの佃煮をつくりました。

昔から伝わる作り方には、素干し桜えびをおいしくするある方法がありました。それを科学的に証明するというものです。

さて、どのように映っていることやら。楽しみです。皆さん、是非見て下さい。

12月9日 8:30です。


kurasawaya at 01:03|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2005年11月09日

ビワの花むしり

ビワの花

みなさん、ビワの花を見たことがありますか?

うちのとなりの畑のビワが開花し始めました。これからお正月にかけて花が咲き、寒中にかけて受粉します。
実がなるのは来年6月なので、ずいぶん早く、そして時間がかかるものだなと思います。

この時期、農家では花むしりと言うものをやります。実を大きく育てるためにある程度の間隔でつぼみをとってしまうのが花むしりです。
そして、来年受粉して実がなったあとでもう一度実をとっていくのが撤果です。さらに3月ごろ袋をかけて大事に育て、6月に大きな実がとれるという流れです。これも順調に育ってのこと。雨が多かったり、気温が低かったり、受粉がうまくできなかったりと、様々な理由で不作になってしまいます。農家はいつもビワのことを気にしていなければなりません。
なんでもそうですが手をかけて初めておいしいものができるのです。

桜えび漁、今日もお休みです。今日は昨日に比べて風も波も穏やかに見えたのですが海上は風が強かったようです。

ビワであれ、桜えびであれ何でもそうですが、自然には逆らえません。でも、人間の知恵で何とかよりよくとれる方法を考えてほしいものです。


kurasawaya at 22:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年11月08日

マンデラの花

マンデラの花

くらさわやの店前の軒下に、針金で丸く編んだカゴのような鉢植えがある。その中にはピンクマンデラという花が10個ほど花をつけている。

八重咲きできれいなピンクの大きな花を咲かすこの鉢植えを今年の6月近所の人にもらった。夏の頃は一つづつ咲いては落ちてを繰り返していた。でも必ず次のつぼみがあって1日たりとも花が咲いていない日はなかった。

秋になって花が咲く数が増え、1日3〜4個になった。今日10個の花を数えたが、次のつぼみがない。4ヶ月間花を咲かせ続けたこの鉢も、いよいよ終わりのようだ。

手入れの仕方を教えてもらって、来年もきれいな花を見たいと思う。

今日は午後から西からの強風が吹いて、桜えび漁は中止になった。この時期この地方の西の風は季節風で、強い風で海を荒らす。桜えび漁にとってもっとも厄介な風である。風よ吹くな、桜えびの豊漁を願っている。
kurasawaya at 23:25|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2005年11月07日

立冬の富士山

雪の富士山

今日は立冬。暦の上では冬である。今朝は昨日からの雨も上がり、気持ちの良い青空だった。青い空の中に昨日の雪をすっぽりかぶった富士山が悠然と見えていた。

10月中旬に初冠雪が見られたがその日のうちにとけて、その後は多少雪が降ったようだが、ほとんど雪がない富士山だった。11月なのに雪がない富士山もめずらしいと2〜3日前に話していたところだったが、立冬にしてようやく雪をかぶった本来の富士山が見られた。

でも、今日の日中は気温が高く、冬とは名ばかりで夏日になった。

海の中も夏が続いているようだ。

11月3日に解禁になった桜えびだが、本来この時期は夏に生まれた小さめのえびが獲れるのだが、ここ2日間に獲れたえびは頭の後ろが黒く、殻もかたく、大きさも非常に大きい大人のえびだった。

桜えびの寿命は約1年で、夏に生まれ、翌夏に産卵をして死ぬ。このため夏の間は禁猟期になっている。それが今年はいまだに大きいえびがほとんどである。このえびが産卵を済ませているのか心配になるくらいである。

今日は波が高かったため、桜えび漁はお休みになった。次に出る時は、どんなえびになっているのか楽しみである。
kurasawaya at 21:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月21日

テレビに出ました

昨日(10月20日)中部6県のネットワークで午後7時から1時間、“静岡発そこ知り”という番組に出ました。内容は日本一の富士山にちなみ、静岡県の日本一を紹介するというものです。当店は日本でここでしか獲れない桜えびを食べさせる店として紹介されました。

レポーターはコント竹田君。いまや旅番組には欠かせない存在となっていますが、顔と声はすごく大きく、リアクションはもっと大きく、すごく楽しい人でした。

うちの店は2件目に紹介されましたが時間にしてわずかに3〜4分、撮影に3時間くらいかかりましたが、撮ったテープはどこに行ったの?という感じです。

それでも今日は町の中でいろんな人に、テレビ見たよ!と声をかけられ、テレビを見て来てくれたお客様もいたのでめでたし、めでたしといったところです。
kurasawaya at 22:31|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2005年10月18日

空いっぱいの夕焼け

夕焼け

今日、空いっぱいの夕焼けが見られた。
当地は土曜日から秋雨前線の影響で毎日雨が降っていた。今朝も朝から雨が降り続き、うっとうしい一日だった。夕方雨がやみ、雲の中に富士山が見えてきた。午後5時、突然、空全体が赤く染まった。よく見ると、空じゅうの雲が、夕焼けになっていた。時間にしてわずか5分。すぐに夜の闇にすべてが消えていった。
明日は晴れるかな?
kurasawaya at 21:44|この記事のURLComments(24)TrackBack(0)

2005年10月11日

富士山初冠雪

初冠雪

今日富士山の初冠雪が見られました。

情報によると平年より10日遅いそうです。この辺も温暖化の影響でしょうか?
初冠雪と初雪は違って、その年の秋の最初に山に雪が積もったことをふもとから見ることができた日が初冠雪です。ここ2〜3日平地も雨だったので初雪は少し前になると思われます。
いづれにしても毎年10月の上旬に初冠雪が観測され、うちからもきれいに見ることができます。でも今年は例年と少し違って雲の中に富士山が浮かび上がってその頂に少しだけ雪がありました。午後にはほとんど融けてこれで初冠雪と言えるのかな?と思っていましたら、夕方のニュースで気象台が発表したことを伝えていました。

これから寒くなるにつれて富士山の雪も多くなり、また富士山がきれいに見られる季節になります。どうぞお店に来て富士の雄姿を見て下さい。
kurasawaya at 21:39|この記事のURLComments(26)TrackBack(0)

2005年10月01日

テレビに出ます

そこ知り竹田くん

10月20日(木) 午後7時から
静岡、山梨、長野、富山、新潟、石川県のTBS系列の放送局で
“静岡発そこが知りたい”と言う番組に紹介されます。
リポーターはコント竹田くん。先日その収録が行われました。
桜えびづくしを竹田くんが食べましたが、そのリアクションの大きさは大変勉強になりました。中部地方の皆さん是非見てください。
kurasawaya at 22:17|この記事のURLComments(22)TrackBack(0)

2005年09月22日

彼岸花

彼岸花

明日はお彼岸の中日である。うちの店の隣のビワ畑の斜面に毎年この時期に彼岸花が咲く。今年は残暑が続き、気温が高いせいかお彼岸になっても彼岸花が満開にならない。毎年中日にはこの斜面は真っ赤に染まる。写真を大きくしてもらうと分かるのだがほとんどがつぼみである。
それにしても毎年不思議に思うことがある。彼岸花はそれまで何もない所から、突然茎が伸びて花を咲かせる。1年間いったいどこでこの時期を待っているのか?この間までここにはかぼちゃが花を咲かせ実がなっていた。いつも不思議でならないが、分からないまままた1年が過ぎてしまう。あと1週間ぐらいで満開になりそうなのでその間に見に来てはいかがですか。
kurasawaya at 21:48|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
かき揚げセット通信販売
テレビで紹介された当店の桜えびを
ご自宅でも食べる事ができます。
ぜひ通信販売もご利用ください。


くらさわやの桜えびのかき揚げを食べてみたいけど、お店までは遠くてちょっと・・・、と言う方は是非通販をお試し下さい。通販の次には是非お店にもご来店下さい!



桜えび茶屋
QRコード

携帯からもこのブログを見ることが出来ます!こちらのQRコードを携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。



月別アーカイブ